2019年8月アーカイブ

定期健診は1年に2回

歯の健康のためには、日ごろからフッ素入りハミガキを使って、ていねいに歯をみがくこと、そして、定期的に検診を受けることが大切です。

治療などの必要がなくても、少なくとも1年に1~2回は受診するように習慣づけましょう。口の中をチェックしてもらったり、歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れなども落としてもらったりすれば、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。

家庭でのケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わせて、いつまでも健康な歯を守りましょう。

ホワイトニング

お肌にも様々な手入れの方法があるように、白い歯のためにはケアが必要です。毎日しっかり磨いるつもりでも、磨きにくいところや汚れがたまりやすい部分があってどこかに磨き残しが必ずあります。いったん歯に付着してしまったステイン、茶しぶ、ヤニや歯石は、毎日の歯磨きではなかなか取ることが出来ません。そしてこれらの色素や歯石は、口臭や虫歯、歯周炎、歯周病など、さまざまなお口のトラブルのもとになります。もちろん、本来の美しさを失った歯では笑顔の魅力も半減します。だから「歯のエステ」で頑固な汚れを清掃する必要があるのです。