お知らせカテゴリの記事

歯垢を、歯磨きで取り除きます

歯周病や虫歯の原因となる歯垢(プラーク)は、生きた細菌の塊です。
歯とほぼ同じ乳白色で水に溶けにくく、歯の表面に粘着しているため、うがいをするだけでは取り除くことはできません。
しっかり歯磨きをして、この歯垢(プラーク)を取り除くことが大切です。

歯周病の症状

歯を失う原因の第1位は虫歯ですが、歯周病も虫歯の次に歯を失う大きな原因になっています。また近年、歯周病はそればかりでなく心血管疾患(動脈硬化)や低体重児出産などにも少なからず影響を与えていることが明らかにされてきました。
 
こんな症状はありますか?これらは歯周病の症状です。
 
・歯を磨くと時々歯ぐきから血が出る。
・歯がぐらぐらと揺れる感じがする。
・朝起きたとき、口の中がネバつく感じがある。
・口臭があるかもしれないと気になるときがある。
・歯茎が赤く、腫れたり痛むときがある。
・冷たい水を飲むと歯がしみて痛い。
・歯茎を押さえると膿が出るときがある。
・歯ぐきがむずむずする。
・歯と歯の間に物がよくはさまる。
・前よりも歯ぐきが下がってきたような気がする。

年末年始の診療時間のお知らせ

年末年始の診療時間は下記の通りとなります。
ご確認下さい。

■アクロスみなみ野歯科
年内12月30日(金)17:00まで 新年1月4日(水)通常診療

定期健診

歯の健康のためには、日ごろからフッ素入りハミガキを使って、ていねいに歯をみがくこと、そして、定期的に検診を受けることが大切です。

治療などの必要がなくても、少なくとも1年に1~2回は受診するように習慣づけましょう。口の中をチェックしてもらったり、歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れなども落としてもらったりすれば、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。

家庭でのケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わせて、いつまでも健康な歯を守りましょう。

ドライソケット

『ドライソケット』とは抜歯後の抜歯窩治癒不全の1つで、抜歯したあとの2~3日後から徐々に痛みが増していく症状です。
特に抜歯したときに出血が極端に少なかった場合や、抜歯後に強いうがいなどを繰り返すしていると、血餅(血のかたまり・かさぶたのようなもの)の形成が不十分になることで起こります。

ドライソケットの治療は消炎処置と抗生物質の投与や抜歯窩再掻爬(抜歯窩の骨をもう一度削って出血させ、血餅を形成させる)方法で処置します。通常は二週間程度でドライソケットは治ることが多いです。
抜歯後数日経ってから痛みが増した場合や、頬の腫れが広範囲に広がった場合などは、歯科医院で抜歯窩の状態を確認して頂き、適切な処置をしてもらいましょう。

不正咬合とは?

悪い歯並びを総称して不正咬合といい、心身に大きな影響を与えます。
正常咬合になれば多くの問題が解決します。上下の歯が正しくかみ合い、歯の接触面積が広くなり、食べ物の消化、吸収が促進され、心身ともに健康な成長発育を示します。

歯ぎしり治療法

1.歯自体を治療する方法
噛み合わせの悪い歯の矯正治療を行なうことで、かみ合わせの調整をし物理的に治療する方法や、虫歯を治療することで歯ぎしりを防止する方法があります。

2.防止装置を使用する方法
歯ぎしりを起こさないように予防する方法として、専用のマウスピース(ナイトガード)を装着する方法があります。周囲に対する騒音防止だけでなく歯の破壊を防止することにもなります。 

3.ストレスをためない
歯ぎしりの原因は心理的要因によるものが多いとされています。
日ごろから適度に息抜きをし、ストレスをためないように心がけることも、大きな予防策になります。

金属アレルギー

金属アレルギーをいったん発症すると、生じた抗体は数十年経っても消失しないことがある為、慢性疾患となる恐れがあります。口腔内は唾液や細菌の関与、飲食による酸性度や温度の変化により金属イオンの溶出はとても起こりやすく、溶出した金属イオンは唾液によって飲み込まれ、簡単に体内へ吸収されてしまいます。このようなお口の中にアレルギーを引き起こしやすい物質が存在することで、今までなんともなかった方がいつ発症するかもしれません。メタルフリー治療を行うことで、このような発症を防ぐことができます。

審美歯科

審美歯科とは、簡単に言うと『歯』を美しくするという意味です。 単に歯を白くするだけではなく、歯並びや歯茎の状態なども総合的な美しさを修復する治療のことを言います。
歯そのものの美しさだけではなく、口元の印象を決めるスマイルラインやEライン、歯ぐきの色や健康状態などを含めた総合的な美しさのことを言います。審美歯科のことなら八王子市のアクロスみなみ野歯科クリニックにお気軽にご相談ください。

金属アレルギー

金属アレルギーをいったん発症すると、生じた抗体は数十年経っても消失しないことがある為、慢性疾患となる恐れがあります。
口腔内は唾液や細菌の関与、飲食による酸性度や温度の変化により金属イオンの溶出はとても起こりやすく、溶出した金属イオンは唾液によって飲み込まれ、簡単に体内へ吸収されてしまいます。
このようなお口の中にアレルギーを引き起こしやすい物質が存在することで、今までなんともなかった方がいつ発症するかもしれません。
メタルフリー治療を行うことで、このような発症を防ぐことができます。